2010年11月23日

デビルちゃん

ほめられてのびるらじおPP http://www.onsen.ag/program/home/
 というwebラジオ番組の中で、パーソナリティーのお二人とゲストさまが、
ハガキでから選ばれた、キャラクター、シチュエーション、セリフから即興劇を
する非常にハードなコーナーがあります。
 そのパーソナリティーのお一人の風音さまを模したbotがいらっしゃいまして、
そこに頼むとカスタマイズネタを届けてくれます。

 加えて、yuiyaさん  http://twitter.com/i_yuiya の作成してくだすった

縛りSSったー 三題噺ったー http://shindanmaker.com/15896


 この2つからネタとりして話を作ってみました。

 

 私、デビルちゃん。仕事は小さくなって忍び込んで人間に悪事を働かす事なの(世界の妖怪図鑑 デビル参照)。
 今日も人間の世界に来て、獲物を探しているわ。
 晴天すぎて全く嫌になる空だわ。誰かいないかしら。
 あそこにいる男。あ、とってもピュアそう。よし、あの銭湯の前でヨーグルトを持っている男にとりついて、悪いことをさせてやるわ。
「えい」
「あれ、急に暴れたくなってきた」
 たちまち警察が来て取り押さえられる男。連行されていく男。
 やったわ。これでまた一つポイントゲット。
 さあ、地獄に帰ろうっと。
「やりましたよ、デビルさま。え、駄目どうしてです・・・あの男はこれから銭湯に飛びこんで、あの瓶詰めの白くてどろどろしたものをまくつもりだった。それがばれてもっと駄目な人生を送るはずだった。
 え、罰ですか・・・いやー」
 血の池に沈められるデビルちゃん。
「もういいよね。私頑張ったよね。。。」 
posted by 作者 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 掌編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック