2011年03月08日

「教室」で 登場人物が「張り巡らす」、「時計」という単語を使った怪談を考えてください。

「教室」で 登場人物が「張り巡らす」、「時計」という単語を使った怪談を考えてください。 http://shindanmaker.com/94450 #kaidan_odai




張り巡らす
まわり一面に張る。もれなく張る。


 時間は時計によって示される気になるが実際は感覚によるものだ。つまらない授業と楽しい放課後、その早さは意見。張り巡らした中、私たちは永遠になった。張り巡らされた糸を弾くと、時間が流れ出す。見る間に残るのは骸骨である、最後に残った芥も消えた。

 教室はほこりがたまっていた。その中を蜘蛛の巣が張っている。こんな部屋を部室に貰えると言われても嬉しいことはない。蜘蛛の巣をはいだ。奥には一人の女の子。一目で恋した。蜘蛛の巣をどかす。女の子の顔は恐怖に包まれた。自分は脅かす気などないんだ。声に出すと女の子は笑った。

 廃教室で女の子を見る。彼女を救うために蜘蛛の巣を払うことが必要だと思うが、それは彼女の死に直結している。
彼女の時間は張り巡らされた糸によって止められているのだから。時計が進むのはその象徴のようなもの。


 あなたは、フィルムを一コマ一コマ眺めてはため息をついている。フィルムには学園祭で使う映画のフィルムが蜘蛛の巣のように張り巡らされていた教室。



完成形
 あなたはモニターを見ている。制服の少女が一人、教室を歩き回っている。壁の時計は3時過ぎ。真夜中。少女は半ば透けている。今、撮影中の幽霊の映像だ。少女は張り巡らされた結界に気づいたのか一点を見ている。少女は見えなくなった。カメラの死角に入ったのだろうか。吐息が首筋にかかった。
posted by 作者 at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 短編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。