2011年11月06日

浄眼児

 身分を隠し、領土を視察していた昴国の太守の某が、道中一人の青年に出会ったのは、寒波が大陸を襲った年の事であった。
 幸い寒波は昴国まで至る事はないようだが、田畑はいつもより多く霜がかかっている。収穫には響かぬようで太守は安堵の息を吐いていた
 そんな中、民に混じり、昴国には珍しい天津風の衣装を着ている青年がおり、思わず声をかけた。
 青年は名を北家辰己といい、花洛の私塾で学んでいたが、寒波で先生が具合を悪くし、塾を畳むことしたので、旅をしているのだという。
 花洛は千里あまり離れた遠地であり、太守の甥も住んでいた事もあり、興味を持って話しかけた。
 青年が何を学んだかと問うと経世の学であるという。昴国で出世を願えば、経世などではなく、儀礼や法令、文章といったものであるから、太守は不思議に思い尋ねた。
「どうしてそのようなものを学ばれるか。栄達されたいのなら、そのようなものを学ばれても、試験にはうからぬし、故郷に錦を飾るのも難しかろう」
 青年は少し考え込むと、
「そういう事は考えた事はありませんでした。ただ、どうせ学ぶなら、人の為になることがいいと思ったのです」
 太守は青年に道行く草原を見ながら尋ねた。
「この草原を拓こうと思うのだがどうだろう」
「この地は草があって、それが根を張ることで土を固めています。耕すのは向かないかと」
「では鉄をとるのはどうだろう」
「この地では、鉄のたぐいは無理かと思います。もし、何か殖産をされたいのでしたら、牧畜がよいかと」
 そのような会話がいくつもあり、青年の博覧な事を知った太守は大いに気に入り、仕官する気はないか誘ったが、あまり乗り気ではないないらしく、首を縦には振らなかった。
「では、しばらく我が家に滞在するのはどうだろうか」
「それなら」
 青年は食客として、太守の屋敷に住む事になった。
「姓名を聞いていいだろうか」
「北家辰己ともうします」

 辰己は与えられた一室に居ることが少なく、庭の一角を借り、鉢植えにした草花を育てていた。様々な種類で、ほとんど見慣れぬものだった。
 地面に這いつくばるように咲く花、赤子のような身をつける木、見ていると懐かしい人を思い出す草。
 辰己は鉢植えが育つと、どこかに持って行き同じ草花があることはなかった。
 しかし、太守や、同じような食客が尋ねると歓談し、その際には珍しい茶を振る舞うなど吝嗇ではなかったので、誰にでも懐かれた。
 そんな辰己の居室には、書物と寝具だけが置かれ、無用のものは何も無かった。
 季節は冬が終わり春にかかろうとしていた。
 取っ替え引っ替えだった草木は、いつの間にか幾つかのものになっていた。
 彼は頻繁に出かけるようになり、屋敷には週に一日二日いる程度になってしまった。
 ある日、太守のもとに、甥が訪れ、宴席が開かれた。
 甥は、辰己を見ると、驚きを隠さなかった。
「浄眼児」
 太守は驚きの理由を尋ねようとしたが、様々な客に、甥を紹介するのに忙しく、宴席で尋ねる事は出来なかった。
 夜になり、太守は甥と二人になったので、驚いた理由を尋ねた。
「花洛で何度か見たのです」
「彼は半年あまり食客としてここにいる」
「本当ですか」
「ただ、その話は興味がある」
 甥は話し始めた。

 花洛の寒波は叔父上もご存知と思います。あれはひとつの祟りによるものだと、街に住むものは申しております。
 花洛は街ができた時から、一柱の神がいるといいます。それは石神で、一見、ただの石に見えるといいます。
 ただ、その石神は毎年、街の中で場所を変えるのです。誰かが運ぶのではありません。季節が移り変わるように、石神は、様々な石を渡り歩くのです。
 花洛は、名の如く、花の多い街ですが、その花は石神に対する捧げ物だといいます。花がある限り、神は満足していると。
 寒波の訪れた日、石神のある屋敷で女が殺されました。血で汚された事に起こった石神が寒波を起こしたというのです。加えて寒波によって花は枯れ、ますます広がりました。
 その時、花洛で鉢植えの花を配る男がおりました。天津風の衣装に、青とも緑ともつかない不可思議な瞳。それが彼なのです。その花で石神が怒りを沈めたように寒波は終わり、私は花洛を出て、昴に戻ってきたのです。

 太守にとり甥の話は合点がいくところと、いかぬ所があった。
 鉢植えの減る理由と、最近まで花洛にいたということだ。花洛から昴国まで千里あまり。どう馬を飛ばしても、一月近くはかかるはずだ。辰己はよく外出していたが、そんなに長く姿が見えないことは無かった。
 太守は夜が明けるのを待ちかねて、辰己の室を訪れた。
 部屋は寝具が綺麗に畳まれている。庭にいっても、あれだけたくさんあった鉢植えは一つもなく、ただ寒風だけが吹いていた。
 
posted by 作者 at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 短編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

今も―出る―ぞ 油すましの初恋より

 いつもの通り、峠にきたものの前に、でっかい油瓶をひょいと吊るす。
 だいたいは声を上げて逃げるんだが、そのガキは違った。見てくれから飢えていて本当に餓鬼のようだったが。
「どうして油瓶さげてるの?」
 声だけは清水のように綺麗だ。
 ガキと目があった。そもそも俺らのようなものは意味が無い色即是空なもので、人の色に反応するような空々しいものだ。人に見られると初めてそこに在るようになるのだから黙っていればいいのだが、「そういうものなんだよ」
 答えたのがまずかったのか、ガキはそれから毎日のように来ては、いろいろな事を聞いてきた。
 ガキにしては、海の向こうはどうなってるかとか、勤王がどうのとか、色々聞いてきた。
 江戸に黒船が来て、どこもかしこも大騒ぎだった。まして天草は切支丹の話が続いているかのように、外様の地にあるのに、幕府の預りで、色々と難癖つけられるまな板の上の鯉のようなものだった。
 ある日はガキは来なかった。次の日も来なかった。
 ああ、ガキだから飽きたのだと思ったが、どうも落ち着かない。
 やっとガキがきた。文句の一つでも言おうかと思ったが、顔が腫れている。殴られたようだ。
「どうした」
 いつもならたんぽぽのタネのように軽い口が一向に開かない。しかし、わかっちまった。
 どこぞの芋侍が因縁付けて暴れては、村人がやられているらしい。
 翌日、ガキは蒸気船ならぬ上機嫌で来た。
「お前さんでしょ」
 芋侍の前に、切れた手足やら生首やら放って驚かしてやった事が伝わったのだろう。
「まあな」
 それからガキは毎日のようにくるようになった。
 ガキは、餓鬼のようだったのが、人になり、天女のようになり、それに連れ来ることも少なくなり、ある日を境に全く来なくなった。
 天女だったから、六道の上がりになって、お陀仏になっちまったのかもしれねえな。
 俺は峠にとどまって、元の行いに戻る事にしたが、前のように通りかかったものを脅かすのができなくなっていた。
 ああ、俺はもう空ではないのだ。すっかり人の色に染まってしまった。
 峠の岩に座り、俺はぼんやりと時を過ごすことになった。いつの頃か、また俺は俺ですらなくなり、峠に溶け込んでいた。
 懐かしい気がする。餓鬼のようなガキがかけてくる。ああ、きって考え続けてしまったせいで、とんだものを見ていやがる。
 人なんて直ぐに消えちまうんだから。ましてガキであるわけはない。
「おばあちゃん早く」
 婆が歩いてくる。
「昔この所に油ずましが出ていたんだよ」
 どうも天女から餓鬼に戻ってしまったようだが、清水のような声は変わらない。
「今も―出る―ぞ」
 婆は餓鬼にも天女にも仏にも見える顔で笑った。
 



 打田マサシさんのイベントに、妖怪たちのいるところ4で、妖怪大喜利というコーナーがありまして、そこで『油すましの初恋』というお題がありました。非常に面白かったのですが、その時、こう言葉でもやっとしたものがありまして、ちょっと今夜は時間があったので話にしてみました。
 



 元ネタは所謂

熊本の天草郡栖本村字河内(現・天草市)と下浦村(現・同)とを結ぶ草隅越という峠道を、老婆が孫を連れて通りながら「ここにゃ昔、油瓶さげたん出よらいたちゅぞ」と孫に話していると、「今もー出るーぞー」と言いながら油ずましが現れたという。



「うそ峠」という場所を通りかかった2人連れが「昔ここに、血のついた人間の手が落ちてきたそうだ」と話すと「今もー」と声がして、その通りの手が坂から転がり落ち、2人が逃げ切った後に「ここでは生首が落ちてきたそうだ」と話すと、また「今ああ……も」と声がして生首が転がり落ちてきたという。

 
posted by 作者 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 掌編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

クロヌシカガミさんの連続アップ109たいに便乗して書いた話

クロヌシカガミさんhttp://www10.plala.or.jp/cotton-candy/ で
8月31日から、109たいのおばけをUPし、そのうち本物はどれだ? っていう企画をしていたのでそれを見て、思いついていくつか掌編を書いて見ました。



好き好き
枝娘という妖怪がいる。樹の枝を見ると娘の顔をした虫がいるという。その娘の顔は恐らく、恋しい人のもの。何を見ても彼女に見えるというのは、色恋に身を焦がしている時はよくある事。虫の形なのは、蓼喰う虫も好き好きということであろうか。



一夏の変化
あおじめ という物が出るとものすごく大きな実がなる。それは名のごとく大きな目玉だけどいつの間にか消えるらしい。今年はうちの畑にも出た豊作だった。自分も物凄く元気になり、頭も良くなった。違う人間になったみたいに。テケリと虫の鳴き声がする。自分の体にもあおじめできた。



ゆうがお
天窓から誰かが覗いている。引窓覗だ。黙って睨みつければ消える。一つ目小僧は家々を回り、善悪の帳簿をつけるというから、その一種だろうか。ただ、それが石洲女なら、気づいた事を知られていけないという。窓がガタガタとうるさい。立ち上がって顔を上げればそこに夕顔のような女の貌。



人生は重い荷を・・・
鳥が赤ん坊を連れてくるなんて嘘教えるのは駄目だ。しっかり教えておけば、了見が備わるってもんだ。あ、荷鷲は嘘じゃあはないぞ。どこぞのガキが悪戯したせいで荷鷲が落ちた事がある。そのせいで儂はあの世からのお迎えがいつくるか分からなくなっちまった。響甚兵衛(三二七歳 職業 農業)よりの聞き取り



狂劇花
酔って家に帰ると彼女がいた。ハイテンションで話してて涙が出てきて、もういないことを思い出した。彼女は悲しそうに笑んで消えた。鉢植えの花が咲いている。彼女の故郷に咲くという百合に似た花、やたらばな。人に化け惑わすいう花。綻んで彼女に会えるなら惑わされてもいいと思ったが、あれきり花は咲かない。
posted by 作者 at 09:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 短編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

遺産

 祖父は半身不随になっていて、まともに話した事はなく、苦しげな呼吸と共に吐き出される言葉しかほとんど知らない。
 しかし、聊斎志異や国姓爺合戦、雨月物語そうした東洋の幻想、シェイクスピアやグリムといった西洋の物語、多くの書物はそこで出会った。
 虎は死んで皮を残すように、読者家は本棚を残す。
 
posted by 作者 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真実

子供の頃、怖い夢をよく見た。母が長く入院していたし、父も夜勤だったから、家に一人だった。ある夜、猫に誘われて家を出た。公園、学校、病院、神社、墓場。明けない夜の中でさまよっているうちに、怖い夢は見なくなった。いや、今でも見ている。ただ、血肉のように当たり前になってしまっただけだ。
posted by 作者 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

嘘をつく

tikutakuさんは、「深夜のソファ」で登場人物が「嘘をつく」、「魔法」という単語を使ったお話を考えて下さい。 http://t.co/x2r6tV0 #rendai

起き上がれば深夜のソファ。疲れ切って帰ってきてそのまま眠ってしまったようだ。こんな風に仕事の為だけに生きているなんて意味あるのかな。携帯がなった。出れば「大丈夫ずっと一緒にいるよ」。彼の声。元気が出る魔法の言葉。きっとしっぽがあればピンって立っている。でも、彼はもういない。
posted by 作者 at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 掌編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おお@

tikutakuさんは、「夕方のソファ」で登場人物が「恋する」、「風」という単語を使ったお話を考えて下さい。 http://t.co/x2r6tV0 #rendai


辛い西日に目を覚ます。窓辺のソファに転がっていた。カーテンが開きっぱなしだ。朝、仕事から帰ってきてそのまま寝室にいくのも面倒で横になったのを思い出す。窓を開く。風が吹き込んだ。熱を帯びた大気の中、涼やかな薫り。目を向けると、そこに立つ人影。よく見ようと背筋が伸びた。恋していた。
posted by 作者 at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 掌編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一件家二階の窓

酔って歩いていたら綺麗なハミング。音の方を見ると、一件の家。二階の窓、少女が腰掛けて歌っていた。新月の夜で、星の冷たい光が照らしていた。暫く聞き惚れていたんだけど、闇の中に少年が一人。きっとこの曲は彼の為なのだろうと思って悲しくなって後にした。それからあの二人を見たことはない。
posted by 作者 at 19:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 掌編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

いときめき

tikutakuさんは、「早朝の映画館」で登場人物が「ときめく」、「糸」という単語を使ったお話を考えて下さい。 http://shindanmaker.com/28927 #rendai


朝の映画館。上映しているのは何年も前のもの。簡単にいい席をとることができた。上映中はずっと目が離せなかった。映画ではなく、前に座っている女の子のせいだ。声をかけたい。彼女のセーターの上に糸屑が見えた。これだ、「ついてますよ」ぽんと彼女ははじけて消えた。残っているのは糸屑とときめきだけ。
posted by 作者 at 05:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 掌編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

猫とトイカメラ

 旅に出た。
 適当に神社に入る。茂みの中でガサガサいうので覗いたら、ドット柄のワンピースが見えた。ただ顔が靄がかかったように見えない。幽霊と思うとすぐに消えた。
 背後でシャッター音が響いた。追いかけると猫がいるだけだった。ただ、首輪には小さなトイカメラがつるされている。
「おい、写真とるなら、声をかけてくれ。それともこれで魂でも奪おうという算段かい?」。冗談で猫に話しかけると「許可をとらなくて悪かった」という。
 理由を聞くと、亡くなった主人の写真を写しているという。幽霊かと聞くと、猫は「非科学的だね」と笑った。
 雨が降ってきた。猫に雨宿りを勧められた。
 猫の部屋には、主人の写真や思い出、形見を見せて貰った。
 主人の写真の多くは顔が見えずにもやがかかっているように見える。でも古い物に連れて鮮明になってくる。幽霊ではなくて、あの主人はこの孤独な猫の幻なのだろうか。
posted by 作者 at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。